スキップしてメイン コンテンツに移動

Mendoza/メンドーサ

■City, Town
Mendoza/メンドーサ

■Date
2015/01

■Note
再びのワインの名産地。メンドーサに。同じく名産地でもカファジャテと違って凄いセレブ感に溢れる街並み。表参道みたいなストリートで物価も高い。ちなみに登山のため仲間達をこの街で待っていたのだけどその間に31歳の誕生日がやってくる。みんなの到着が遅れたので一人バースデーとなりワインと肉を食らいつつ少し寂しいひとときを。。でもこの街に来た目的はまさに登山のため。そんなことはどーでもいい。南米最高峰アコンカグアを攻めるために。準備でテンヤワンヤしつつ。毎晩ステーキを食らいながらその日を待っていた。
IMGP0684

■How to get there
トゥクマンから夜行バスで880ペソ。

■Sights

IMGP0686
Plaza Independencia
公園がやたらと多い。そして大きい。長閑な感じ。

IMGP0709
One street in Mendoza
街の中心はちょっと表参道っぽい感じの通りでいっぱい。

IMGP0715
One shot in Mendoza
ところどころに歴史あるだろう古い建物が

☆アコンカグア登山について
南米最高峰というネームバリューのおかげでアコンカグア登山にかかる費用はやたら高い。毎年値上がりしているらしい入山費用に加え、半ばボッタクリなんじゃないかという値段のレンタル屋、そして食料雑費、今回は3人で行って、一人あたり15万程度の費用になった。頑張って抑えたつもりだけどやはり高く感じる。。以下詳細を。

■登山開始までのざっくりした流れ
1.メンドーサのツーリストオフィスへ行きムーラ(荷上げサービス)を手配できるエージェンシーを探す、現在の雪の情報など聞けるなら聞いておく。
or
1.レンタル屋に行き必要装備を確認、フィッティング済ませ、エージェンシーを紹介してもらう、現在の雪の情報など聞けるなら聞いておく。お金は後日にしておく。
2.エージェンシーを通して入山届けの書類を作成、ムーラ費用、入山届の支払いを済ませる。現在の雪の情報など聞けるなら聞いておく。
3.支払い証明を持ってツーリストオフィスに行き入山届を発行してもらう。
4.ひと通りの情報が揃った段階でレンタル屋で最終的な必要なモノを再度吟味し支払いを。
5.食料備品を購入する。
6.持っていくモノとムーラに積むものを仕分け荷造りをする。
7.バスでアコンカグア登山の出発地へ移動。

■入山費用(20日間)※2014年12月〜2015年1月のハイシーズンの値段
US945ドル or US800ドル(※荷上げにエージェンシーを利用した場合)
→アルゼンチンペソ払いで800ドルが公定レートで6880ペソに(実質67000円くらいの値段になる、、でも高い。)

■荷上げ費用
1匹US104ドル→2800ペソくらい
ムーラと呼ばれる荷上げサービスがラバ(馬とロバをかけ合わせ)によって荷物をベースキャンプまで運ぶことができる。1匹で60キロまで運ぶことができ、このサービスを利用すると入山費用が安くなるので利用するメリットはかなり大きい。利用出来るエージェンシーは幾つかあってメンドーサのツーリストインフォで調べることができる。

■レンタル費用
上述もしているけどとにかくレンタル費用はどこの店でも高い。アコンカグア登山がタフすぎて破損が激しいってのも理由にあるけど。使い捨てでもいいならボリビアなどでフリースとか買ってきてしまったほうが安い。
※ちなみに自分達の利用したレンタル屋はクソだった。ひどすぎて死にかけるはめになってしまったので利用しないように。利用してもいいけどしっかり吟味して選ぶことをオススメします。店長店員誰もアコンカグアに登ったことがないので知識が適当すぎ。ガスストーブは標高が5500くらいになると使えないかもしれないからガソリンのストーブをレンタルしておけ。とか。。全然使えます。。色々ありすぎて今思い出してもぶん殴りたい。
→問題だったレンタル屋の場所は泊まったMonkey Hostelの隣にあるとこ。

【レンタルしたギア各種】
・テント(2〜3人用)☆/930(2人中1人分)
・ゴーグル★/350ペソ
・ダウンジャケット/960ペソ
・寝袋(-37度まで)/1570ペソ
・冬山登山用パンツ/650ペソ
・ストック/350ペソ
・プラスティックブーツ/1460ペソ
・レッグプロテクト/280ペソ
・グローブ/490ペソ
・アイゼン★/630ペソ
・ピッケル★/350ペソ
・トランシーバ★/497ペソ(3人中1人分)
・ムーラ用バック×2/490ペソ(3人中1人分)
・クッキングセット/無料(計2セット持っていった内1セットは自前)
→全部3割引してもらい、1ドル13ペソで換算してUS495ドルに。

★は今回必要なかったモノ。
ゴーグル:メガネの上に必要かと思って借りたけど曇るのでいらなかった。サングラスがあればそれで十分。
アイゼン、ピッケル:雪がほとんどなかったので必要なかった。雪の有無の情報も聞いたけど店員からはきちんと教えてもらえず3人全員レンタルしてしまった。アイゼンは雪が降るかもしれないので3つレンタルが必要かもしれないけどピッケルはハイシーズンであれば必要になるほどの雪にはならないので基本的にいらないはず。心配ならグループで一個あればいいくらい。
トランシーバ:レンタル屋の親父は重要だと言うので借りたが山でも持っている人はほとんどおらず。親父は天気を確認したりアタック前に連絡をレンジャーと取るんだと。しかしそんなことは一切なく。緊急時であればいるかもしれないがハイシーズンは人も多いので正直いらないと思う。

☆はクオリティが最悪だったモノ。
ゴミみたいなテントだった。山用のモノとして出してきたテントはどうみても普通のキャンプ用。フジロックで見かけるようなファミリー向けなテント。それどころかポールも折れていたのか適当に別のモノをあてがっているようでしっかりしない。。風がどーみても心配だったので親父に質問をするが石でしっかり止めておけば問題ないと豪語。そこまで言うなら平気なのかと思って行くも途中のキャンプ地の風でポールがしなり飛ばされそうになったりと最終キャンプ地には辿り着けず一つ前のキャンプ地からアタックを強いされるはめに。最後はアタックから戻ってきたらテントが風でポールが折れてビリビリに破ける悲惨な状態に。人のテントに泊めてもらったり、帰りのベースキャンプや他のキャンプ地でお金を払ってエージェンシーの宿舎に泊めてもらったりした。レンタル屋は弁償を請求してきたけどこっちの惨状をきっちり言い返して一銭も払わないことに。それでもホントにひどい目にあった。

【自前で用意したギア各種】
・ヒートテック上×1 下×2
・Tシャツ×3
・ソックス×3(1セットは登山向け)
・パンツ×3
・ストール
・帽子
・バックパック65L
・ガスストーブ
・マット
・スノーウェアジャケット
・トレッキング用ズボン(夏用)
・ジャージ的なジャケット(フリース的な)
・高山病の薬(ボリビアで購入したプナカップを服用)
・日焼け止め関連

■食料・備品
3人で18日間を想定して以下を購入
パスタ オートミール 袋麺 ツナ缶 玉ねぎ ニンニク トマトソース コンソメ Tパック 砂糖 塩 粉ミルク 総合ビタミン剤 水12リットル(3人分) ツナ缶 スナック ドライフルーツ パン 米 クラッカー ★粉ジュース マヨネーズ ソーセージ ★サラミ チーズ ガス缶ロング缶×2 ガソリン750ml(仲間がガソリン式ストーブを持っていたので) トイレットペーパー×8ロール(3人分)
→1人あたり600ペソ程度
※ガス缶は最終的に足りなかったのでもう1〜2缶あると安心かと思います。(不足しBCのエージェンシーに売ってくれないか頼んだらタダでもらえて助かった。)トイレットペーパーはちょっと多すぎた。
★は持ってきて予想以上に良かったと思えたモノ。

※持って行かなかったけどあれば良かったモノ
魔法瓶→アタック中は寒さで中身が凍ってしまい大変な目にあったので。

IMGP0719
Rental shop in Mendoza/レンタル屋
出てきたテントのクオリティが予想以上にクソなので激しいツッコミをする我々。

IMGP0696
Tourist Office in Mendoza/メンドーサのツーリストオフィス1
エージェンシーの紹介だったり入山届の発行をしてくれる。

IMGP0720
Payment for Climbing Permission/入山費用の支払い
街の至る所にあるウエスタンユニオンに併設してるPAGOで支払いをする。

IMGP0722
Tourist Office in Mendoza/メンドーサのツーリストオフィス2
支払証明を持って再度ツーリストオフィスに行きパーミットを取得し記念撮影。

IMGP0725
Permission for Climbing Aconcagua/アコンカグア入山許可書

IMGP0699
Shopping for Aconcagua/食料調達1
スーパーにメルカドにと1〜2日で一気に色々調達。

IMGP0700
Shopping for Aconcagua/食料調達2
野菜がとれなくなるのでドライフルーツを購入

■Eating

IMGP0717
Argentina Steak/アルゼンチンの肉
アルゼンチンと言えばの牛肉とワインを堪能する日々。戦いの前に英気を養う日々。ほんとに美味い。

■Accommodation/安宿
 ●My Rating
:☆☆☆☆
 ●Price
:70ペソ(3日以上滞在で、受付に事前に言わないとこのPriceにはならない。)
 ●Room
:ドミトリ
 ●Bathroom
:共用
 ●Wi-Fi
:有
 ●Location
:プラサインデペンデンシアから2ブロック、Sarmiento通り沿い。Peru通りの先。
 ●設備、他サービス
:ロッカー
:共用キッチン
:ツアー手配
:朝食付き
:プール付き

■Next destination
To Aconcagua

コメント

このブログの人気の投稿

Pucallpa・Comunidad Shipiba San Francisco/プカルパ・サンフランシスコ村

■City, Town
Pucallpa・Comunidad Shipiba San Francisco/プカルパ・サンフランシスコ村

■Date
2014/11

■Note
ついにやって来てしまった。サンフランシスコ村。予てから聞いていたアマゾン奥地にあるシャーマンが住む村。知る人ぞ知る。アヤワスカを体験できる村の一つで一番有名な場所。ところでアヤワスカとは何か、ケチュア語で死者のロープ・魂の蔓という意味で、それはアヤワスカの木の枝とチャクルナという木の葉を煮込んでできた飲み物。主にアマゾン西側で使われていてこの一帯にシャーマニズムカルチャーに古くから伝わる心体のケアのための治療薬。時には呪いの武器としても使われているもの。飲むと吐き気と下痢の作用を生み、非常に強い幻覚作用をおこさせる。その強さはLSDの100倍以上と言われていて世界一強力なドラッグともされている。幻覚「ビジョン」と呼ばれるその現象を通してメンタルの活性化、健常化、脳の開拓。吐いたり下痢をさせることによって体に溜まった悪いモノ(物理的だけでなくメンタル的なモノも含め)体の外に出し浄化を図ることを主な目的とする。で、まぁこの旅の初期にNYで出会ったブラジル人にその実体験の話を聞いていてずーっと興味があって、ここまで出会った旅人からも聞いていてどんなものなのかと、エクアドルを抜ける時から針路をサンフランシスコ村に、ちょっとマニアックな国境を選択し、ずっと南下を続け(地図では街道としてきっちり記されてなく道があるのか不安だったけど)そしてついにたどり着いたと。で。ついに念願のアヤワスカの儀式(セレモニー)を受ける・・・細かい実体験は後述するとして。もう強烈の極み。それなりの経験値を持ってはいるつもりだったけどその何よりも強烈で今まで体験したことのない世界、時間を過ごした。ダイビングを初めてやったとき新しい世界の扉を開いたなという感覚があったけど、今回は脳内の新しい扉を開いた感じ。経験を通してこれわドラッグではない。言われるとおり確かにMedicineであると思った。体の負担は凄まじかったけど。。ところでサンフランシスコ村には色んな国からスピリチュアルな経験を求めてやって来ている。来るのはヒッピーみたいな輩だけだと思っていたら欧米人のオバチャンオジチャンの御一行(ガラパゴスにいたような客層)もいて不思…

Huaraz/ワラス

■City, Town
Huaraz/ワラス

■Date
2014/11

■Note
標高3000mほどの街ワラス。街の付近にはペルー最高峰ワスカランを始めとする6000m峰が立ち並ぶ、平和な地方都市。山に囲まれてるだけあって街のツアーオフィスはトレッキングやクライミングをメインに扱っていて街にはアウトドア用品屋もたくさんある。人も交通量も多いけど長閑で、安くて良質の宿、豊富な食材が並ぶメルカド、温泉も近くにあったりととにかく長居したくなる要素がたくさん。すっかりハマってしまった。ここまで旅をしてきてトップクラスの評価。


☆ワラスツアー会社について
アルマス広場につながるメインストリートに沢山ある。クライミング、トレッキング、ワンデイツアーなど扱っている。どこも内容は大体同じだけど値段は微妙に違うので安いところをじっくり探すのがオススメ。
聞いた感じの値段感
Laguna69ツアー1日:30〜50ソル
Santa Cluz Valley・トレッキング3日or4日:280〜380ソル
ワスカラン・クライミング8日間:580ソル〜

ツアー会社を頼らずともトレッキングや1日ツアーのコースになっている場所は個人で訪問も可能。アウトドア各種ギアも街でレンタルが可能で、道もそこまで難易度は高くないので個人同士で攻めている人も多い。行った後の感想だけど正直エージェンシーを頼らず行きたかったなと思った。ただし標高も4500mは超える内容になるので心配な人はツアーがオススメ。

■How to get there
リマのショッピングモール・プラザノルテに隣接しているバスターミナルからバスで8時間、30ソル。

■Sights


Plaza de Armas/アルマス広場
ペルーのいつもの。と言いたいところだけどここの広場はなんとなく好き。


On the way to Laguna 69・1
ワラスの観光名所のうち一番の有名な場所。標高は4600mのところにある湖。行き方はツアーで行くか、コレクティーボを乗り継ぎ個人で行くかの方法があるけどコレクティーボの場合帰りの便が午後3時が最後とのことで日帰りで行くには少々時間的に難しくツアーで行くのが便利。個人の人は最寄りの街or最寄りのキャンプサイトで滞在して早朝から向かって帰ってきた後に別のコースを数日かけて回っていくよう。今回はツアーを利用…